ホッとニュース

  • Check

会津の魅力紙芝居で発信 喜多方の「まほろば里人の会」が作成

紙芝居を手に会津の魅力発信を誓う志村会長(左)ら

 喜多方市の住民有志でつくる会津まほろば里人の会は古里の歴史や文化を観光振興につなげようとオリジナル紙芝居「会津まほろば物語」を作成した。

 里人の会は住民らに会津が豊かな土地であると再認識してもらうとともに魅力発信に役立ててほしいと紙芝居を作った。計20枚で縄文時代から江戸時代までを中心に歴史や風土、各地に点在する神社仏閣の建立のいわれなどを紹介している。
 「まほろば」とは四方を山に囲まれ天地の恵みを受けて守られている盆地を指すという。
 会長の志村和子さん(73)=喜多方市=は「地域の宝を見つめ直し、観光客らに会津の良さを伝えてほしい」と期待を寄せている。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧