ホッとニュース

  • Check

金山の沼沢湖でヒメマス放流 漁再開、繁殖に期待

ヒメマスの稚魚を放流する児童

 金山町の沼沢湖に県内で唯一生息するとされるヒメマスの稚魚の放流が6日、同湖に注ぐ「前の沢」で行われた。東京電力福島第一原発事故後に禁止されていた漁が4月に解かれただけに、地元の児童や関係者はヒメマスを絶やさないようにとの願いを込めて稚魚16万8千匹を放った。
 沼沢漁業協同組合と金山町教育委員会の主催。放流体験には町内の金山、横田両小の全校児童合わせて44人が参加した。
 沼沢漁協が昨秋に沼沢湖から遡上(そじょう)したヒメマスの卵をふ化させた稚魚のうち約1万匹を用意した。
 児童は体長5~7センチほどの稚魚をバケツから小川のせせらぎにそっと流し込んだ。稚魚は湖で成魚になり、3、4年後に産卵のために沢を上る。

カテゴリー:響く

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧