ホッとニュース

  • Check

県警初の女性警護員 「成長したい」決意新た

県内初の女性警護員となった阿部巡査

 県警察本部は今年度、初の女性警護員として阿部綾乃巡査(28)を起用した。県内を訪れる女性要人の増加に対応するのが狙いで、阿部巡査は「警護対象者を守るため日々成長していきたい」と決意を新たにしている。
 阿部巡査は福島市出身。橘高、神奈川大卒。平成26年に巡査を拝命、3月まで郡山北署地域課に勤務し、4月に県警本部警備課に異動した。警察官だった祖父への憧れから「人のために働きたい」と警察官を志した。
 警護員は体力面や武術などに優れていることが求められ、これまで県警は男性しか起用してこなかった。阿部巡査は昨年の県警逮捕術大会で準優勝するなど警護員の適性が認められた。通常、県内を訪れた要人の身辺警護に当たっている。
 阿部巡査は「警護を無事終え、警護対象者からお礼を言われた時にやりがいを感じる。将来は管理職を目指す」と話している。警備課の上司に当たる松本明警衛警護官は「阿部さんのように女性警察官が活躍の幅を広げてほしい」と期待している。

カテゴリー:響く

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧