ホッとニュース

2016年9月アーカイブ

喜多方駅まで運行 磐越西線の「フルーティア」 11月3、23日

 JR東日本は11月3、同23の両日、磐越西線郡山-喜多方駅間でスイーツが味わえる観光列車「フルーティアふくしま」を往復運行する。これまで磐越西線郡山-会津若松駅間などで運行してきたが、秋の行楽シーズンに合わせて初めて喜多方駅まで乗り入れる。  喜多...[記事全文

カテゴリー:なるほど

ヒガンバナ彩り添える 矢祭の「戸津辺の桜」

見頃を迎えた「戸津辺の桜」周辺のヒガンバナ
 矢祭町にある県指定天然記念物のエドヒガンザクラ「戸津辺の桜」の根元で、ヒガンバナが見頃を迎えた。真っ赤なじゅうたんを敷き詰めたように咲き、周辺は桜が彩る春とは違った表情を見せている。  地域住民でつくる「戸津辺の桜を守る会」が植栽し、少しずつ本数を...[記事全文

カテゴリー:きれい

ナシの魅力引き出した ふくしまスイーツコンテスト

中島さんの作品「brilliant梨~福島の宝箱」(左)と戸村さんの作品「『シャキ!ツル!フワッ!』梨の三重奏」
 ナシをテーマにした「ふくしまスイーツコンテスト2016」の最終審査会は24日、福島市の桜の聖母短大で開かれ、プロ部門で山口県周南市の中島由貴さん(29)=コムサ=、一般・学生部門で横浜市の戸村麻実さん(19)=服部栄養専門学校=がグランプリに選ばれ...[記事全文

カテゴリー:響く

会津まつり幕開け 9月24日ミッキー、25日綾瀬さん参加

会津まつりの開幕を飾る提灯行列。大勢の親子連れが参加した=会津若松市の神明通り
 会津の秋を彩る「会津まつり」は9月23日に会津若松市で開幕した。25日まで市内の鶴ケ城など市中心部で繰り広げる。初日は「提灯(ちょうちん)行列」などを行い、約1万人の来場者でにぎわった。  提灯行列には市内16地区の児童や保護者が参加し、鶴ケ城から...[記事全文

カテゴリー:なるほど

奇跡のあじさい 熊本へ 長沼中生が贈る

「アジサイで熊本を励ましたい」と話す長沼中生徒会の生徒。前列中央が会長の大森さん
 アジサイが須賀川市長沼地区と熊本の地震被災地の絆を結ぶ-。東日本大震災で堤が決壊し、大きな被害が出た長沼地区の農業用ダム「藤沼湖」。湖底から見つかったアジサイを株分けした「奇跡のあじさい」を、長沼中の生徒が復興支援のシンボルとして今月中に熊本県宇土...[記事全文

カテゴリー:響く

「武藤敬司二本松署長」熱い訴え 秋の全国交通安全運動

交通安全を訴える武藤さん(中央)と神奈月さん=JR二本松駅
 秋の全国交通安全運動が9月21日、スタートした。30日までの10日間にわたり、県警や各地区交通安全協会は子どもと高齢者の交通事故防止に重点的に取り組む。  初日は県内各地で街頭啓発活動やテント村作戦などが繰り広げられた。二本松市では、プロレスラーの...[記事全文

カテゴリー:なるほど

福島支える「農業女子」 新規就農61人最多 魅力感じて挑戦

ふくしま農業女子ネットワークに参加し、意見を交わす女性就農者=7月
 平成28年度に県内で新たに就農した女性は61人に上り、統計を開始した11年度以降で最多となった。県は女性の社会進出とともに新しい営農形態が普及し、魅力的な仕事として選ぶ人が多くなったとみている。担い手の「農業女子」たちは「消費者に寄り添い福島を支え...[記事全文

カテゴリー:響く

風とロック 魂の大団円 白河でライブや野球熱気包む

フリーマーケットで店長を務めたひとりぼっち秀吉さん(右)
 「風とロック芋煮会2016 KAZETOROCK IMONY WORLD」は最終日の9月19日、白河市のしらさかの森スポーツ公園で、前日に続きライブや野球を繰り広げた。ライブはステージを重ねるにつれ熱気が高まり、盛況のうちに閉幕した。  人気バンド...[記事全文

カテゴリー:響く

元気に校歌を披露 矢祭小児童と作詞作曲の小林研一郎さん

児童を前に指揮を執る小林さん(右)
 いわき市出身の世界的な指揮者、小林研一郎さんが校歌の作詞作曲を手掛けた矢祭町の矢祭小で9月17日、小林さんを交えた初めての披露式が行われた。小林さんが東京都のフィルハーモニックアンサンブル管弦楽団を率い、児童と一緒にハーモニーを響かせた。  全校児...[記事全文

カテゴリー:響く

「ふくしま讃歌」本に 9月17日発売 俳人、黛まどかさんの連載

発刊された「ふくしま讃歌」
 俳人の黛まどかさんは福島民報の連載「ふくしまを詠む 黛まどかの俳句紀行」をまとめた本「ふくしま讃歌 日本の『宝』を訪ねて」(新日本出版社)を発刊した。歌枕、祭、伝統芸能、手仕事など、県内に息づく文化を美しい文章でつづる。9月17日発売される。  黛...[記事全文

カテゴリー:響く