ホッとニュース

2016年10月アーカイブ

万感のラストラン 千葉麻美選手 日本選手権リレーで2位

レース後、花束を手に笑顔を見せる千葉麻美選手(右)
 陸上女子400メートル日本記録保持者の千葉(旧姓丹野)麻美選手(31)=東邦銀行=は30日、横浜市の日産スタジアムで行われた日本選手権リレー女子1600メートルリレー決勝で引退レースに臨んだ。チームは2位に終わったが、「多くの人に支えられ、幸せをか...[記事全文

カテゴリー:響く

避難先で最後の文化祭 来年帰還予定の小高中

鈴木さん(左)の指揮で群青を歌う生徒
 南相馬市小高区の小高中は10月29日、東京電力福島第一原発事故に伴い仮設校舎を置く鹿島小の体育館で文化祭「群青祭」を開いた。小高中は来年度から小高区で再開する予定で、避難先では最後となった。  合唱祭では学年ごとの発表のほか、全校生約90人で「群青...[記事全文

カテゴリー:響く

思い出の校歌12月に披露 浪江、浪江津島、双葉、双葉翔陽、富岡の来春休校5高校

校歌新聞の編集について意見を交わす生徒
 東京電力福島第一原発事故に伴う避難区域にあり、平成29年度から休校となる浪江、浪江津島、双葉、双葉翔陽、富岡の高校5校の校歌が12月に開かれる県高文連のイベントで披露される。校歌をテーマにした新聞も作成し、来場者に配布する。節目を迎える5校の生徒が...[記事全文

カテゴリー:響く

宿泊客に福島発信 北海道・千歳の老舗宿4代目

福島民報を読む宿泊客。後方は佐々木さん
 北海道千歳市にある一軒宿「支笏湖丸駒温泉旅館」の4代目社長佐々木義朗さん(53)は福島県民への思いを胸に宿泊客をもてなしている。初代から3代目の経営者が富岡町出身だからだ。3代目で父の金治郎さんは東京電力福島第一原発事故で古里を奪われた悲しみの中、...[記事全文

カテゴリー:響く

岩子の神楽伊勢神宮へ 300年前相馬に伝承 絆強め11月7日奉納

伊勢神宮内宮で神楽を奉納する岩子神楽保存会の会員
 東日本大震災の津波被災地・相馬市岩子(いわのこ)に伝わり県内最古の一つとされる「岩子の神楽」が11月7日、来年の誕生300年を前に伊勢神宮(三重県伊勢市)に奉納される。後継者不足で平成に入り一時途絶えていたが震災後、地域の絆を強めようと青年会のメン...[記事全文

カテゴリー:なるほど

ホームステイ再開 被災地の現状発信 英国高校生受け入れ

安達運動場仮設住宅を訪れた英国の高校生
 福島市の福島国際交流の会は東日本大震災以後中断していた外国人のホームステイ受け入れを再開した。英国のベリーセントエドモンド市のカウンティー・アッパー高の2、3年生4人と引率者2人が10月22日から24日まで会員の自宅にホームステイし、震災以降の県内...[記事全文

カテゴリー:響く

「コミネス」開館 白河市制施行10周年兼ね式典 「文化創造都市」を宣言

開館した白河文化交流館コミネス
 白河市の白河文化交流館「コミネス」は10月23日、開館した。市制施行10周年を兼ねた記念式典が同館で行われ、「文化創造都市」を宣言した。市民は古里の伸展に向けて決意を新たにした。  鈴木和夫市長は合併後の歩みを振り返り「旧4市村の均衡ある発展を図り...[記事全文

カテゴリー:なるほど

川内で"一目ぼれ婚" 南相馬在住の渡辺友歩さん・景子さん夫妻 いわなの郷で挙式

ケーキ入刀する(右から)景子さん、友歩さん、遠藤村長
 川内村の「いわなの郷」で10月22日、南相馬市在住の渡辺友歩さん(25)=福島市出身=・景子さん(28)=石川町出身=夫妻が結婚式に臨んだ。村によると、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後、川内村での挙式は初めて。地元住民らが会場設営や調理で協...[記事全文

カテゴリー:きれい

野球・ソフト誘致委設立 東京五輪県内団体、11月6日

 県内の野球とソフトボールの関係団体は11月6日、平成32年の東京五輪追加種目となった野球・ソフトボール競技を誘致する委員会を発足させる。  県野球連盟や県ソフトボール協会などの代表者合わせて100人超が加盟し、大会組織委員会や東京都などに要望活動を...[記事全文

カテゴリー:なるほど

猪苗代湖マシジミ再び 個体数回復傾向 地元児童ら活動実る

在来種のマシジミを手に笑顔を見せる児童
 猪苗代町三ツ和地区の猪苗代湖北岸に生息する在来種のマシジミが回復傾向にある。町民有志でつくる「猪苗代湖の自然を守る会」や地元の翁島小などによる長年の環境保全活動が実りつつある。  守る会代表の鬼多見賢さん(69)によると、今月実施した調査で在来種の...[記事全文

カテゴリー:びっくり