ホッとニュース

  • Check

鈴木里美さん東北1位 きもの装いカジュアルの部 世界大会へ

世界大会に向け張り切る(左から)鈴木、飯田、泉田さん

 全日本きものコンサルタント協会の全日本きもの装いコンテスト東北大会が11月6日、秋田県の能代市文化会館大ホールで開かれ、郡山市の泉田きもの学院の鈴木里美さん(38)=郡山市・県職員=がカジュアルの部で1位に輝いた。来年4月9日に東京で開催される世界大会に出場する。
 鈴木さんは東日本大震災、東京電力福島第一原発事故の影響で大熊町から会津若松市へ避難した。三女の出産を機に3年前に出身地の郡山市に移住、念願だった着付けを習い始めた。看護師の仕事や育児で忙しい毎日だが震災の経験から「やりたいことを諦めず、悔いのない人生を送りたい」と強く思い、両親の応援もあり踏み切った。3人の娘の成人式で振り袖の着付けを行うのが夢だという。
 カジュアルの部は7部門あるうちの振り袖、留袖と並ぶ主要部門で22人が出場した。1位は準女王に次ぐ賞で着装や立ち居振る舞い、言葉遣い、センスや小物などとの相性が高く評価された。世界大会に向け「応援してくれる家族のためにも最高賞の準女王を目指す」と張り切っている。
 指導者で同学院代表の泉田泰子さんは快挙をたたえ「世界大会に向けさらに技術を磨いていきたい」と話している。同学院からは今年4月に開かれた世界大会で留袖の部準女王に藤宮貴子さんが輝くなど、数多くの優勝者を輩出している。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧