ホッとニュース

  • Check

「夜の森」再現した桜色の電飾 JRいわき駅前試験点灯

約20万個の電球が富岡町夜の森の桜並木を再現する「いわき光のさくらまつり」の試験点灯=JRいわき駅前大通り

 富岡町夜の森の桜並木を桜色の電飾で再現する「いわき光のさくらまつり」が12月から始まるのを前に11月28日、いわき市平のJRいわき駅前大通りで試験点灯が実施された。桜色に染まった街並みに人々の歓声が上がった。
 発光ダイオード(LED)電球を約5万個増やし、過去最多の約20万個が輝く。本格的な点灯は12月3日から1月9日まで。時間は午後5時から午後11時まで。
 いわき青年会議所(JC)の主催、浪江、南双葉両JCの共催。東京電力福島第一原発事故で双葉郡から避難を強いられている住民と、いわき市民らがともに古里を思い、復興を願おうと開く。
 12月3日はカウントダウンを記念したイベントを開き、太鼓演奏や合唱が花を添える。花火を合図に華やかにスタートを切る。

カテゴリー:きれい

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧