ホッとニュース

  • Check

N響と児童壮大な響き いわきで定期演奏会

NHK交響楽団の演奏に乗せて合唱する児童(後列手前)ら

 NHK交響楽団のいわき定期演奏会は2月5日、いわき市のアリオスで開かれた。同市の高坂、平三両小合唱部の5、6年生計43人と東京混声合唱団が出演し、楽団の演奏に合わせてチャイコフスキーの序曲「1812年」を合唱した。
 昨年初めごろ、指揮者を務めたウラディーミル・フェドセーエフさん(ロシア)と同交響楽団から、いわきの子どもと共演したいとの申し出があった。児童はロシア語の発音指導を受けた他、両校合同の練習会を開くなどして歌声を磨いてきた。
 児童が女声パート、東京混声合唱団が男声パートを務め、ナポレオンのロシア遠征を題材にした壮大なメロディーに乗せて美しいハーモニーを響かせた。演奏会では交響詩「はげ山の一夜」、組曲「仮面舞踏会」、幻想序曲「ロメオとジュリエット」なども披露された。
 会場には約1400人の市民らが詰め掛け、児童らに大きな拍手を送っていた。

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧