ホッとニュース

  • Check

飯坂線の"新顔"安全願う 「1000系」2月21日から試運転

安全祈願祭でおはらいを受ける福島交通飯坂線の新車両「1000系」

 福島交通飯坂線が25年ぶりに更新する車両「1000系」は2月21日、福島市の福島-飯坂温泉駅間で試運転を始める。試運転に先立ち、20日に福島市の福島交通鉄道部車両区検修庫で新車両の安全祈願祭が行われた。
 関係者25人が出席した。神事で西根神社の斎藤秀一郎宮司が祝詞を奏上し、武藤泰典社長らが玉串をささげて運行の安全を祈った。武藤社長は「社員一丸となって安全を最優先に運転していこう」とあいさつした。
 今回、更新する車両は東急電鉄が東京都内で運行していた5両を改造し、3両編成と2両編成に分けて運転する。外観デザインを一新し、銀色の車体に濃い茶、桃、金の3色を使い、花や温泉、歴史など沿線の魅力を表現した。
 2020年東京五輪を念頭に、外国人観光客向けに英語の案内表示と車内放送を導入する。試運転と乗務員の訓練運転を経て3月下旬から4月上旬にかけての営業運転開始を予定している。
 福島交通は平成31年春までに飯坂線の全14車両を1000系に順次更新する。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧