ホッとニュース

2017年3月アーカイブ

三春の佐藤酒造「一と口純米大吟醸」発売 原材料全て町内産

発売された日本酒「一と口」
 三春町の佐藤酒造は17日、全ての原材料を町内産でそろえた日本酒「一(ひ)と口 純米大吟醸」を発売した。  町内の福聚寺にある樹齢400数十年のベニシダレザクラの花弁から採取した酵母を使用し、町内産の酒造好適米「五百万石」と阿武隈山系の伏流水を合わせ...[記事全文

カテゴリー:なるほど

海外登山で福島伝える 橘高 山岳スキー部有志8人 今夏米国に遠征

初の海外登山に臨む橘高生。後列左は生徒を引率する堀江教諭
 福島市の橘高山岳スキー部の有志8人は今夏、学校創立120周年を祝い初めて海外に遠征する。米国カリフォルニア州東部にある登山道「ジョン・ミューア・トレイル」約50キロの縦走を目指す。現地のハイカーと英語で語り合い、東日本大震災と東京電力福島第一原発事...[記事全文

カテゴリー:びっくり

ブナの葉で地域振興 草木染学び商品化 只見町の女性グループ3人

ブナの落ち葉を使った染め物作業に取り組む(左から)本多さん、鈴木さん、酒井さん
 只見町に広がるブナ林を地域振興に生かそうと、町内の女性3人のグループ「ぶないろくらぶ」はブナの葉を使って作った草木染を新たな産品として売り出している。ユネスコエコパークに登録された豊かな自然を守るだけでなく、地元の貴重な資源として積極的に活用。ブナ...[記事全文

カテゴリー:きれい

コウナゴ試験操業始まる 震災 原発事故6年

原発事故後、初めて請戸漁港に水揚げされたコウナゴ=浪江町
■請戸漁港に震災後初水揚げ  コウナゴ漁の今季の試験操業が13日に始まり、相馬双葉漁協はこれまで漁を自粛していた東京電力福島第一原発から半径10キロ~20キロ圏を含む海域で試験操業に取り組んだ。先月、漁船が戻った浪江町の請戸漁港からも9隻が出漁し、原...[記事全文

カテゴリー:響く

最高の歌声届けた 「第九」ドイツ公演出演の会津関係者

交流会でドイツの出演者と交流する(左から)高橋さん、加藤さん
【ドイツ・リューネブルクで半沢慎也会津若松支社報道部記者】心一つに最高の歌声を届けた―。ドイツで11日(現地時間)、開かれた「第九」日本初演プレ100周年里帰り公演に出演した会津の関係者はステージの成功に感激した表情を浮かべた。初演のきっかけをつくっ...[記事全文

カテゴリー:響く

応援フラッグ交換 ボンズ、熊本で復興ゲーム

福島と熊本の応援フラッグが交換され、復興へ思いを一つにした会場
 「熊本と福島、思いは同じ。スポーツで県民を元気にしましょう」。11日、熊本市の熊本県立総合体育館で行われたBリーグ2部の福島ファイヤーボンズ-熊本ヴォルターズ戦で両チームの選手が応援フラッグを交換した。  復興メモリアルゲームと銘打った会場は、勝負...[記事全文

カテゴリー:響く

国登録有形文化財に 天栄の源泉亭湯口屋旅館本館 文化審答申

登録有形文化財として答申された源泉亭湯口屋旅館本館
 国の文化審議会(馬渕明子会長)は10日、天栄村の源泉亭湯口屋旅館本館を建造物の登録有形文化財にするよう松野博一文部科学相に答申した。近く官報に告示される見込み。建造物の登録有形文化財は県内で56カ所・167件になる予定。  源泉亭湯口屋旅館本館は木...[記事全文

カテゴリー:響く

北村洋輝さん医学科合格 福島成蹊高から初快挙

東北大医学部に現役合格した北村さん
 福島成蹊高から初めて東北大医学部医学科に現役で合格した北村洋輝さん(18)=福島市=は「後輩に新しい道を示せた」と笑顔を見せた。  幼い頃から医学部に進むと決めていた。福島大付属小から福島成蹊中へ進み、特進一貫コースで仲間とともに6年間学んできた。...[記事全文

カテゴリー:なるほど

福島空港発を維持 チャーター韓国便 日航に変更

 韓国の航空会社が福島空港発チャーター便を仙台発に変更する動きを示していたことを受け、運航会社が日本航空に変わり、福島空港から予定通り出発することが決まった。県が8日、発表した。  ツアーを催行するエイチ・アイ・エスは格安航空会社(LCC)の済州(チ...[記事全文

カテゴリー:なるほど

子育て支援で認定証 メディカ(郡山)に交付 福島労働局

島浦局長から通知書を受けた平井代表取締役(中央)と伊藤さん(右)
 福島労働局は7日、従業員の子育てを積極的に支援しているとしてメディカ(郡山市)に「くるみんマーク」を交付した。  メディカの認定は初めて。平成28年12月までの2年間に男性1人、女性2人が育児休業を取得した。くるみんマークの県内の認定は延べ36社と...[記事全文

カテゴリー:なるほど