ホッとニュース

2017年3月アーカイブ

ネットで出資者募る 相馬の田んぼアート 収穫したコメを返礼品に

事業への賛同を呼び掛ける遠藤代表(前列右から2人目)ら
 東日本大震災の津波被害を乗り越え、稲作を再開した相馬市岩子の水田で毎年実施している「田んぼアート」について、主催する相馬のゆかいな仲間たちは今年、インターネットで小口資金を集める「クラウドファンディング」を取り入れる。広く出資者を募り、事業展開する...[記事全文

カテゴリー:なるほど

新入学児交通ルール学ぶ いわきでおめでとう大会

白バイに体験乗車する子どもたち
 福島民報社の新入学児童歓迎会「2017年ご入学おめでとう大会」は5日、いわき市文化センターで開かれた。今春、小学校に入る子どもたちが交通ルールなどを学んだ。  市と市教委の共催、いわき中央署の後援、小学館、日本児童教育振興財団の協賛。子どもや保護者...[記事全文

カテゴリー:可愛い

校長先生へ卒業式企画 今月で定年 大熊中生がサプライズ

記念撮影で教え子に囲まれる小野田校長(中央)
 大熊町の大熊中生は3日、今月末で定年退職する小野田敏之校長(60)に感謝の気持ちを伝える「校長先生の卒業式」を会津若松市の仮校舎で行った。  生徒会が中心となり、小野田校長に内緒で企画、実行した。退職記念の授業終了後、黒板前に「卒業証書授与式」の横...[記事全文

カテゴリー:響く

仮設で歌声披露 山木屋中全校生徒

仮設住宅の入居者に感謝を込めた合唱を披露する生徒
 東京電力福島第一原発事故に伴い川俣町の川俣中で学校生活を送る同町の山木屋中の生徒は2日、避難区域の山木屋地区の住民が暮らす町内の農村広場仮設住宅で合唱を披露した。  31日に同地区の避難指示が解除されるのを前に、避難先での学習を支えてくれた地域住民...[記事全文

カテゴリー:響く

入学式待ち遠しい 橋本栞ちゃん 5 ~福島市~ 「3・11」から6年 それぞれの軌跡

おじいちゃんとおばあちゃんに買ってもらったランドセルを背負い、小学校入学を楽しみにしている栞ちゃん
 東日本大震災が発生した平成23年3月11日午後2時46分から40分後、福島市の橋本幸枝さん=当時(33)=は女の子を出産した。市内の産婦人科は激しい揺れで倒壊の恐れもあった。駐車場に止めた夫紀明さん=同(34)=の車に避難して出産した。元気な産声を...[記事全文

カテゴリー:可愛い