ホッとニュース

  • Check

福島空港発を維持 チャーター韓国便 日航に変更

 韓国の航空会社が福島空港発チャーター便を仙台発に変更する動きを示していたことを受け、運航会社が日本航空に変わり、福島空港から予定通り出発することが決まった。県が8日、発表した。

 ツアーを催行するエイチ・アイ・エスは格安航空会社(LCC)の済州(チェジュ)航空から出発地の変更を要請され、対応を検討していた。福島発着を前提に申し込んだ予約客の負担を避けるため日本航空に運航を打診し、合意したという。
 エイチ・アイ・エスは機材変更に伴い座席数が増えたため、新たなツアー商品を追加販売する。県は機材変更で増えた費用の一部を福島空港利用促進協議会として支援する。福島空港から韓国へのチャーター便は約3年半ぶり。18日に福島空港を出発、20日に仁川国際空港から戻る。
 韓国メディアはツアーを巡り「乗員が放射性物質の被害を不安視している」とし、東京電力福島第一原発事故に伴う懸念から出発地が変更になると報じていた。県空港交流課は「福島の安全性が理解されるよう、正確な情報発信に努める」としている。

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧