ホッとニュース

  • Check

1日運転再開 常磐線の小高-浪江間

 JR東日本は4月1日、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で運転を見合わせている常磐線の小高(南相馬市)-浪江駅間8.9キロの運転を再開する。
 浪江-小高駅間の運転再開に伴う列車時刻は【表1】の通り。上下線合わせて1日22本となる。小高-原ノ町(南相馬市)駅間は2本増える。
 4月1日から新たに竜田駅(楢葉町)から富岡駅までの列車代行バスを1日18本走らせる。運転時刻は【表2】の通り。現行の竜田-浪江駅の1日3本、竜田-原ノ町駅の1日1本と合わせると1日22本となる。富岡駅のバス停は現在の東京電力ホールディングス旧エネルギー館前から富岡駅前広場へ、浪江駅のバス停は現在の浪江町役場前から浪江駅前広場へ変更する。

■広域バス3路線あす運行を開始

 東京電力福島第一原発事故の避難区域を支援する広域幹線バスのいわき-富岡、船引-葛尾、船引-川内の3路線は4月1日、運行を開始する。
 いわき-富岡線は新常磐交通が運行する。いわき市のJRいわき駅前を出発し、広野、楢葉の両町役場前を通り、富岡町のJR富岡駅前に着く。月曜から土曜日に1日3往復する。
 4月1日午前8時10分から富岡町のJR富岡駅前交通広場で運行開始式を行う。
 船引-葛尾線は田村市のJR船引駅前を出て、市内の石崎団地などを経て葛尾村の落合に着く。平日は1日5往復、土、日、祝日は1日3往復する。船引-川内線は船引駅前から川内村のゆふねを平日は1日3往復、土、日、祝日は1日2往復する。ともに福島交通が運行する。
 4月1日午前7時半から葛尾村役場で船引-葛尾線の出発式を行う。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧