ホッとニュース

  • Check

田崎氏に第1号委嘱状 ふくしまの酒マイスター

内堀知事から委嘱状を受ける田崎氏(左)

 県は25日、著名人らが県産日本酒の魅力を発信する「ふくしまの酒マイスター」の第一号として、国際ソムリエ協会長の田崎真也氏(59)を委嘱した。田崎氏は県産日本酒について「地域によるバリエーションの豊かさが魅力」と印象を語り、和食との相性の良さと併せて国内外にPRしていく考えを示した。
 田崎氏は県庁を訪れ、内堀雅雄知事から委嘱状を受けた。内堀知事は「福島のお酒をもっと国内外で楽しんでいただきたい」と述べ、協力を呼び掛けた。新城猪之吉県酒造組合長が立ち会った。
 田崎氏は委嘱状交付式後、記者団に対し、「上品で爽やかなタイプから重厚なものまで、さまざまな味わいがそろっているのが魅力だ。海外では和食が急速に普及しており、一緒に紹介していきたい」と述べた。
 県は社会的影響力のある人物に県産酒の魅力をPRしてもらうためにマイスター制度を創設した。田崎氏は今後、講演や食事会などで県産日本酒の品質の高さを発信する。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧