ホッとニュース

  • Check

感謝胸に6日渡米 心臓移植目指す棚倉の「ゆきちゃん」

 拡張型心筋症を患い、米国での心臓移植手術を目指している棚倉町の中川西祐綺(ゆき)ちゃん=1歳3カ月=は6月6日午前、渡米する。ニューヨークのコロンビア大学病院に入院して手術を受け、回復後に帰国する。父純一さん(29)・母かおりさん(28)と「ゆきちゃんを救う会」の関係者が26日、県庁で記者会見して明らかにした。募金額は3億円を超え、両親は県内をはじめ全国からの善意に感謝した。
 救う会には23日現在、目標額を約1500万円上回る3億483万2806円の募金が寄せられた。
 祐綺ちゃんは現在、大阪府で入院生活を送っており、容体は安定しているという。6月6日に大阪府の関西国際空港から医療用ジェットで渡米し、日本時間6日深夜にコロンビア大学病院に到着する。両親が同行する。
 検査とドナー登録を済ませて手術の日を待つ。術後は、かおりさんが付き添い、現地で半年間、診察を受ける。
 救う会は6月末まで棚倉町の事務所を運営し、県内外に設置した募金箱を回収する。諸経費を清算した後、術後の経過を見て、幼い命を病気から救うために活動している全国の他の団体に余剰金を寄付する予定だ。

カテゴリー:響く

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧