ホッとニュース

2017年6月アーカイブ

新地酒名「摺上川」に 飯坂のつくる会 来年披露目指す

飯坂町独自の日本酒造りについて説明する安斎会長(左)
 福島市飯坂町の「飯坂温泉地酒をつくる会」が地元産のコメを使って商品化を目指している日本酒の名称が、「摺上川」に決まった。19日に飯坂町の穴原温泉・吉川屋で開かれた飯坂温泉観光協会の総会の席上、地酒をつくる会の安斎忠作会長が発表した。日本酒は来年1月...[記事全文

カテゴリー:なるほど

「世界一」懸け豪快に 美里で高田梅種とばし選手権

勢いよく高田梅の種を飛ばす参加者
 会津美里町特産の高田梅を使った競技「高田梅種とばし選手権世界大会」は18日、町内のあやめ祭り会場そばの宮川河川敷で開かれた。オープン部門に出場した国分健一郎さん(38)=須賀川市=が13メートル80センチで総合優勝した。  飛距離を競うジュニア(小...[記事全文

カテゴリー:笑える

東京ドームでフラガール元気発信

華やかな踊りを披露するフラガール
 プロ野球セ・パ交流戦「巨人対ロッテ」に合わせたイベント「がんばっぺ!いわきナイター」は6月17日、東京都の東京ドームで繰り広げられ、フラガールらが、いわき市の元気な姿を発信した。  いわき市プロ野球開催支援委員会の主催。復興に向かういわき市の姿を伝...[記事全文

カテゴリー:びっくり

おかみとサクランボ味わう いいざか乙和会の交流会

旬の「佐藤錦」を摘む、畠会長(中央)とゾーイさん(奥)、菅野支店長(右端)、おかみら
 福島市飯坂温泉の旅館のおかみでつくる「いいざか乙和会」のさくらんぼ交流会は16日、市内飯坂町の安斎果樹園で開かれた。  地元産果物のおいしさと安全性を全国にPRし、観光客を呼び込む取り組みで12回目。会員をはじめ県や市、観光関係団体、旅行代理店な...[記事全文

カテゴリー:なるほど

わが子が側溝に 救助隊カモーン!

救出された子ガモ=15日午前10時ごろ
 15日午前9時15分ごろ、郡山市桑野のうねめ通りの車道沿いにある側溝に「カモが落ちている」と、郡山消防署に通報があった。  消防署員が駆け付けると、側溝からカモの鳴き声が聞こえ、深さ約1メートルの側溝に子ガモが落ちて上に上がれなくなっていたという。...[記事全文

カテゴリー:可愛い

妖精の羽 世界銀賞 川俣の斎栄織物開発

世界最大級の国際デザインコンペで高い評価を得た「妖精の羽」
 川俣町の斎栄織物(斎藤泰行社長)が開発した世界一薄い先染めの絹織物「フェアリー・フェザー(妖精の羽)」が世界最大級の国際デザインコンペ「A'Design Award(エーダッシュデザインアワード)」(イタリア)のファッション関係素材部門で銀賞を受賞...[記事全文

カテゴリー:きれい

水面彩る一寸法師 鏡石「田んぼアート」一般観覧始まる

田んぼアートを見学する鏡石保育所の園児
 鏡石町の「田んぼアート」を一望できる町図書館4階展望室からの一般観覧が6月13日に始まり、オープニングセレモニーが行われた。  町、町商工会などでつくる実行委員会の主催。農産物の風評払拭(ふっしょく)と地域振興を目的に平成24年から実施している。今...[記事全文

カテゴリー:可愛い

三春盆太鼓友好の響き 姉妹都市・米ライスレイク訪問団 30年ぶり踊りの輪

保存会のメンバー(左奥)が奏でる音色に合わせて盆踊りの輪を広げる三春町とライスレイク市の参加者
【米国ウィスコンシン州ライスレイク市で米谷量平田村支局長】三春町とライスレイク市の姉妹都市協定締結30周年を記念した町の親善訪問団は11日、ウィスコンシン州立大バロン郡校で三春盆太鼓を披露した。現地での披露は締結式以来30年ぶり。友好の証しとなる音色...[記事全文

カテゴリー:響く

食の大切さ親子で理解 ~郡山で体験ツアー~

マヨネーズ作りに挑戦する親子
 キユーピー、ホテル華の湯、ブイチェーンの親子食育体験ツアーは10日、郡山市のホテル華の湯などで行われ、参加者が食の大切さに理解を深めた。  県の「健康長寿のための減塩&野菜を食べよう大作戦」の一環で、親子に地元の野菜と触れ合う機会を提供し、食べる楽...[記事全文

カテゴリー:なるほど

「予算書」全戸に配布 飯舘村長、中学生に内容解説

CM制作に対する村の財政支援を菅野村長に要望する佐藤さん(右から3人目)
 飯舘村は村の財政を村民向けに分かりやすく解説した冊子「平成29年度までいな"みんなの"予算書~ただいまふるさと、新たな村づくりの挑戦~」を作成し、全戸配布した。菅野典雄村長が6月9日、福島市飯野町の仮設校舎で学ぶ飯舘中の生徒64人に初めて冊子を配り...[記事全文

カテゴリー:びっくり