ホッとニュース

2017年7月アーカイブ

なすびさん一日館長8日 県八重洲観光交流館8周年イベント開幕

県内の特産品などが並んでいる館内
 東京都中央区にある県八重洲観光交流館の8周年イベントは7日、同館で開幕した。9日まで県内各地のご当地グルメなどが並び、本県の魅力を発信する。  県観光物産交流協会の主催。同館は11月末に閉館し、「日本橋ふくしま館 MIDETTE(ミデッテ)」と統合...[記事全文

カテゴリー:響く

球児の夏きょう開幕 開会式リハーサル あづま球場

リハーサルで堂々と行進する山下選手(中央)
 夏の甲子園を目指す第99回全国高校野球選手権福島大会は7日、福島市のあづま球場をメインに開幕する。開幕に先立ち6日、同球場で開会式のリハーサルが行われた。  県高野連役員や、入場行進で先導役を務める福島商の山下純希(あつき)選手(3年)、選手宣誓を...[記事全文

カテゴリー:なるほど

外国客 自転車でGO 県、8日に広域ツアー第1弾

県南5市町村で開催されたツール・ド・しらかわ。白河市や西郷村などは国内を中心にサイクルツーリズムにも取り組んでいる=2015年10月3日
 県は今年度、自転車人気に着目した外国人の観光誘客に乗り出す。本県南部を中心に茨城、栃木両県北部や近県の観光名所を巡る広域自転車ツアーを企画し、世界中から参加者を募る。第1弾として8日から栃木県那須町を出発し会津へ向かう4泊5日のツアーを催し、台湾か...[記事全文

カテゴリー:なるほど

若い力 古里で輝け 南東北インターハイ 本県選手団結団式

力強く決意表明する半沢選手(左)。右は旗手を務める佐藤選手
 福島代表としての思いを胸に刻み全力でプレーする-。4日に福島市のとうほう・みんなの文化センター(県文化センター)で行われた南東北インターハイ本県選手団の結団式で、選手は1978(昭和53)年以来39年ぶりとなる県内開催での活躍を誓った。決意を表明し...[記事全文

カテゴリー:響く

7年ぶりにウニ水揚げ 相馬双葉漁協

7年ぶりに水揚げされたウニの実入りを確認する小野社長
 相馬双葉漁協による試験操業でキタムラサキウニが7月3日、東日本大震災、東京電力福島第一原発事故以降としては初めて7年ぶりに水揚げされた。8月中旬ごろまで週2回操業する。  相馬原釜地区の小型船4隻が出漁した。漁業者が相馬市の鵜ノ尾埼灯台近くの海に潜...[記事全文

カテゴリー:なるほど

室屋選手3位 総合首位守る エアレース第4戦

3位入賞しシャンパンファイトする室屋選手(Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool)
 「空のF1」と呼ばれる飛行機の世界最高峰レース「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2017第4戦」は2日、ハンガリーのブダペストで本選を行い、福島市在住の室屋義秀選手(44)は、3位に入った。3戦連続優勝はならなかったが、3戦連続で...[記事全文

カテゴリー:響く

復興拠点が完成 川俣・山木屋の商業施設「とんやの郷」

川俣町山木屋地区の商業施設「とんやの郷」(左奥)のオープンを祝い、原発事故後初めて地区内で演奏する山木屋太鼓=1日午前
 川俣町山木屋の商業施設「とんやの郷」は1日オープンし、地元住民らが東京電力福島第一原発事故からの復興の拠点完成を祝った  開所式で佐藤金正町長が「ますます精進し全町民と一緒に力強く前進したい」と復興加速を誓い、吉野正芳復興相(衆院本県5区)、内堀雅...[記事全文

カテゴリー:響く

茅の輪くぐり復活 多珂神社の大祓い祭典 南相馬原町

茅の輪をくぐる佐々木区長(手前)ら
 南相馬市原町区の多珂(たか)神社の大祓(はら)い祭典は30日、多珂神社で行われ、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後、7年ぶりに茅(ち)の輪くぐりの神事が復活した。地域住民は再開を喜び、無病息災を願って輪をくぐった。  材料のチガヤは旧避難区域...[記事全文

カテゴリー:響く