ホッとニュース

  • Check

「魔除花火」御利益あり 浅川商工会、玉かたどった飾り販売

贈り物として人気を集めている魔除花火

 浅川町商工会は花火の玉をかたどった「魔除(まよけ)花火」を販売している。悪疫退治、無病息災に御利益があるとされ、毎年8月16日に催される「浅川の花火」の時期に人気を集めている。
 かつては打ち上げた花火の殻を拾って魔よけとして家に飾っていた。30年以上前に町商工会が地域おこし産品として開発し、人気商品となっている。
 実際の花火の大きさと同じで、2.5寸(税込み500円)から尺玉(同1万円)まで9種類がある。1寸は約3センチで、尺玉は直径約30センチの大きさ。玉の表面には古文書の文章を貼り付けている。
 贈り物などで購入する人が多いという。町商工会事務所で扱っており、16日の「浅川の花火」でも販売する。
 金沢俊夫事務局長(62)は「家の軒下につり下げておくと効果があると思います」と話している。問い合わせは町商工会 電話0247(36)2161へ。

カテゴリー:びっくり

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧