ホッとニュース

  • Check

土湯に日帰り温泉 御とめ湯り23日開所 震災後閉館の旅館活用

改修された露天風呂を見学する関係者

 福島市土湯温泉町に23日、日帰り温泉入浴施設「御とめ湯り(おとめゆり)」がオープンする。東日本大震災後に閉館した旧観山荘別館「樹泉」を改修し、住民や観光客が気軽に楽しめる温泉施設とした。
 温泉施設を運営するHEART(ハート)計画が建物を取得し、改修工事を進めていた。鉄筋コンクリート2階建てで、1階に男女それぞれの内風呂と露天風呂、飲食提供カウンター、露天風呂付き貸切部屋、マッサージ室、無料の休憩室を設けた。2階には有料で貸し切りにできる4部屋を備え、家族や友人グループで気兼ねなくくつろげるスペースを確保した。土産品、飲食物などの支払いを一度に済ませられ、入浴料が割引になる会員カードも発行する。
 19日は現地で関係者向けの内覧会を開催した。HEART計画の加藤貴之社長が「施設名の由来である土湯温泉町に群生するオトメユリの花言葉は『純潔』『飾らぬ美』。訪れた人にとってオアシスのような場所になってほしい」とあいさつした。
 地域住民と報道関係者が施設を見学した。
   ◇    ◇
 HEART計画は2013(平成25)年7月に旧観山荘の本館と別館を取得した。本館部分は2015年2月に市に譲渡した。市は2018年度に本館部分に観光交流センターを開館させる予定となっている。

■営業午前10時~午後9時

 2時間の基本料金は一般会員が850円、ジュニア会員(小学生)、シニア会員(70歳以上)が500円、非会員が1000円。乳幼児(小学生未満)は無料。有料貸切部屋は1室2時間2000~6000円。営業時間は午前10時から午後9時(最終受付は午後8時30分)まで。毎週水曜は定休。問い合わせは御とめ湯り 電話024(563)7373へ。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧