ホッとニュース

  • Check

中合社員、道の駅駅長に 飯舘村と相互協力協定

中合の社員が駅長に就任する「いいたて村の道の駅までい館」

 飯舘村と中合(本社・福島市)は12日、相互協力協定を結ぶ。最初の取り組みとして中合社員が「いいたて村の道の駅までい館」の駅長に就任する。飯舘村が百貨店と、中合が自治体と協定を結ぶのはいずれも初めて。
 「までい館」の駅長には中合営業・商品本部商品戦略部営業企画担当リーダーの佐藤求さんが就任する予定。8月12日にオープンして以来、駅長が不在で、村が人選を進めていた。
 村によると、協定に基づく具体的な協力内容は今後詰めるが、中合の企画展を「までい館」で開催するなどの内容を想定している。大手百貨店の誘客や商品開発などのノウハウを生かし、来客数の増加や交流人口拡大につなげる狙いがある。
 「までい館」は同村深谷の県道原町川俣線沿いにあり、指定管理者のまでいガーデンビレッジいいたてが運営している。無添加食材を使う軽食コーナー、花卉(かき)と野菜の直売所、県内外の名産品を扱うお土産売り場などを備える。
 12日に村内のいいたて活性化センター・いちばん館で協定締結式を行う。菅野典雄村長、中合の黒崎浩一社長らが出席する。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧