ホッとニュース

  • Check

復興や未来発信 全国植樹祭、実施計画決まる

 南相馬市で6月10日に開催される第69回全国植樹祭の県実行委員会は22日、福島市のホテル福島グリーンパレスで総会を開き、記念式典の行事をはじめとする実施計画を承認した。メインアトラクションでは高校生らが高村光太郎・智恵子をモチーフとした演劇や踊りを披露し、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興や未来に向けた県民の歩みを伝える。県内3地方を代表する民俗芸能も紹介する。
 記念式典の主な流れは【表】の通り。プロローグではフラダンスや霊山太鼓、山木屋太鼓、会津彼岸獅子の実演で来場者を迎える。
 「三春滝桜」の子孫木の苗木などを各都道府県知事や各国大使に贈り、震災後の支援に感謝する。エピローグでは、相馬野馬追の騎馬武者行列が登場し、「相馬流れ山」の主題を用いた変奏曲を奏でて相双地方の文化を発信する。
 22日の総会では天皇、皇后両陛下が着席する「お野立て所」のデザインが示された。県産スギ材を使ったアーチ型の仮設施設で、トルコギキョウなど県内特産の花で周囲を彩る。

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧