ホッとニュース

  • Check

第1便が福島到着 ベトナムチャーター便

県や空港職員らの歓迎を受けるベトナムからの観光客(中央)

 福島空港とベトナムを結ぶ連続観光チャーター便の第1便が18日、同空港に到着し、歓迎イベントでベトナムからの観光客126人を迎えた。
 ベトナムの格安航空会社(LCC)のベトジェットエアが4月15日までに計28便を運航する。ベトナムから2000人の観光客が本県を訪れる見通し。
 国際線到着ロビーで県や空港職員が横断幕を掲げて歓迎したほか、空港が立地する玉川村の名産「さるなしドリンク」やベトナム語で書いた本県の観光パンフレットなどを贈った。村のキャラクター「クックちゃん」も出迎えた。
 一行は4泊5日の日程で、本県を起点に茨城、東京、富士山などを訪れる。21日に猪苗代湖や大内宿など会津地方の観光地を巡り、22日朝の便で帰国する。
 内堀雅雄知事が昨年8月にベトナムを訪れ、同社経営陣との会談で連続チャーター便の運航に合意した。県は大口チャーター便運航で実績を上げ、定期便化を目指している。

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧