ホッとニュース

  • Check

新地の魅力再発見 風とロックCARAVAN

新地町の魅力を語る(左から)水戸、小泉、小野、目黒の各氏。右から2人目は箭内さん

 県内59市町村を巡りながら古里の魅力を発信する「風とロックCARAVAN福島」は24日、新地町農村環境改善センターで開かれた。
 新地町で47市町村目の開催。郡山市出身のクリエイティブディレクター箭内道彦さんが町商工会青年部長の目黒一雅さん、副部長の小野兼一さん、部員の小泉憲章さん、水戸真吾さんとトークショーを繰り広げた。4人は「食べ物がおいしい」「人が優しい」など町の魅力を紹介した。
 ライブでは岩手県出身のあんべ光俊さん、いわき市出身のミュージシャン富沢タクさんらが出演し、オリジナル曲を披露した。被災地の住民から募った短歌にメロディーを付けたオリジナル曲も歌い上げた。ラジオ福島が生放送した。
 風とロック、福島民報社、ラジオ福島の主催、アサヒグループホールディングス、かんのや、天神浜オートキャンプ場、ニラク、福島トヨペット、ベスト学院、酪王乳業の協賛、新地町の後援。
 次回は3月24日に昭和村公民館で開催する。

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧