ホッとニュース

  • Check

母校東洋大、化粧まわし贈る 十両昇進若隆景関に

化粧まわしを受け、関取としての決意を新たにする若隆景関

 3月に大相撲の十両昇進を決めた福島市出身の若隆景関(23)=わかたかかげ、本名・大波渥、荒汐部屋=に20日、母校の東洋大から化粧まわしが贈られた。若隆景関は「関取の実感が湧いてきた。まず来場所を勝ち越したい」と決意を示した。

 化粧まわしは東洋大のスクールカラー「鉄紺(てつこん)」の色地に校章の刺しゅうが施されている。5月13日から東京都の両国国技館で行われる夏場所の土俵入りで締める。若隆景関は「まだ化粧まわし姿を想像できない」と、はにかみながらも「立派な化粧まわしを頂いた。元気な相撲を取るので応援してほしい」と力強く語った。
 贈呈式は東京都文京区の東洋大白山キャンパスで行われた。同大の福川伸次理事長、竹村牧男学長が「強い力士になり、相撲界を盛り上げてほしい」と激励した。荒汐親方(元小結大豊)が同席した。
 若隆景関は学法福島高、東洋大を経て昨年春場所に三段目最下位格付け出しでデビューした。今年の初場所で幕下全勝優勝、春場所で勝ち越し、初土俵から所要7場所で十両昇進を決めた。
 母校である学法福島高と学法福島高校友会も合同で若隆景関に化粧まわしを贈る。

■5月6日に祝賀会 学法福島高校友会など 福島
 若隆景関の十両昇進祝賀会は5月6日午後5時から、福島市のウェディングエルティで開かれる。
 祝賀会は学法福島高校友会、学法福島高相撲部OB会、県県北相撲協会でつくる実行委員会の主催。会費は1万円。
 5月3日までに事前申し込みが必要。問い合わせは学法福島高校友会事務局 電話090(9030)9671へ。
 学法福島高校友会の八島信夫会長、作田謙太郎事務局長、県相撲連盟の望木昌彦顧問が20日、PRのため福島民報社を訪れ、高橋雅行社長と懇談した。

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧