ホッとニュース

  • Check

予選突破目指す 全米女子オープン選手権初出場の蛭田みな美選手

全米女子オープン選手権への抱負を語る蛭田選手

 女子ゴルフのメジャー第2戦、全米女子オープン選手権(5月31日~6月3日・アラバマ州バーミングハム近郊)出場が決まった蛭田みな美選手(20)=学法石川高出身=は16日、福島民報社のインタビューに応じた。「攻めの姿勢を忘れず、予選突破したい」と意気込みを語った。28日に渡米する。

 -初の海外メジャー大会出場となる。大舞台を前にした心境は。
 「強豪との対戦を楽しみにしている。海外のトップ選手は飛距離のレベルが違う。気負わず、自信を持って普段通りのゴルフを貫く。アンダーに近い成績で回り、予選突破を目指す」

 -2016(平成28)年にプロデビューした。プロとアマの違いは。
 「高校生からプロの試合に出場していたので、それほど違和感はない。ただ、勝つためにはアマの頃よりも攻める気持ちが大切と感じている。多少のリスクは負っても、ピンを狙いにいくようになった。全米女子でも、守りに入らないようにする」

 -プロゴルファーとしての長所は。
 「ドライバーショットの正確性が強み。大崩れせずにスコアメイクできる。パッティングもアドレスを試行錯誤し最近、決定率が上がってきた。アイアンショットは、まだまだ伸びしろがあると思っている」

 -県民、ファンに伝えたいことは。
 「地元やファンの皆さんに支えられて、ここまで成長できた。良い結果を出して喜んでいただきたい」

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧