ホッとニュース

  • Check

23日、福島で第3戦 日米対抗女子ソフト

最終戦を翌日に控え、キャッチボールするソフトボール女子日本代表

 ソフトボール女子国際親善試合の日米対抗第3戦は23日、福島市のあづま球場で行われる。22日は日米両チームが同球場で公式練習に臨んだ。
 世界ランキング1位の米国を相手に2連勝した世界2位の日本は2020年東京五輪会場のあづま球場で最終戦に挑む。山田恵里選手(日立)ら野手陣は守備の連係確認や打撃練習に取り組み、上野由岐子選手(ビックカメラ高崎)ら投手陣は投球練習でグラウンドの感触を確かめた。
 宇津木麗華監督は「東京五輪に向け、福島から良いスタートを切りたい。勇敢に戦い、少しでも福島に元気を届けられるように頑張る」と抱負を語った。
 第3戦は午前11時開場で、午後1時に開始予定。日本ソフトボール協会などの主催、県、福島市などの共催。当日券は自由席のみ販売する。内野自由席は中学生以上1300円、小学生800円。
 県太鼓連盟加盟団体による和太鼓演奏、吉井田小マーチングバンド演奏などで歓迎する。日本代表は24日から27日まで福島市内で強化合宿を張る。

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧