ホッとニュース

「響く」アーカイブ

"桑折に感謝"アニメ完成 避難の浪江町民ら制作

完成したアニメを鑑賞した上映会
 浪江町民有志らでつくる浪江まち物語つたえ隊が制作した桑折町の観光PRアニメーション「なみえ避難先物語こおり」が完成し16日、桑折町の多目的スタジオ・イコーゼ!で上映会が開かれた。  東京電力福島第一原発事故に伴う浪江町民の避難先として、県内で最も早...[記事全文

カテゴリー:響く

輝く未来に幸あれ 長渕さん、柳さんエール

鈴木生徒会長から花束を受ける柳さん(左)
 「小高の元気な姿を日本に発信してくれ!」。入学式後、校歌を作曲した長渕剛さんが登場。校歌などを熱唱し、祝福ムードに花を添えた。  「学校の新設と入学おめでとう」とひと声発した後、ギターをかき鳴らして校歌を歌い始めた。「村上海岸」「吉名(よしな)の丘...[記事全文

カテゴリー:響く

医療・福祉復興へ光 休校の公立双葉准看護学院 6年ぶりの入学式

入学式で誓いの言葉を述べる藤田さん
 東京電力福島第一原発事故で休校していた双葉町の公立双葉准看護学院の開校式と入学式は4月10日、南相馬市原町区に建設した仮校舎と、近接する県立テクノアカデミー浜で行われた。新入生26人と、看護師不足が課題となっている相双地方の関係者が6年ぶりの再開を...[記事全文

カテゴリー:響く

入学式345人が学びの誓い 郡山女子大と短期大学部

新入生を代表して決意を述べる古関さん
 郡山女子大と同短期大学部の入学式は6日、郡山市の同大建学記念講堂で行われ、大学院、大学、短大、短大専攻科に合わせて345人が入学した。  一人一人の名前が呼ばれ、関口修学長が入学を許可した。関口学長は「お世話になった人に感謝の気持ちを伝えよう。自分...[記事全文

カテゴリー:響く

憧れのフラガールへ 3人卒業し12人が入校 常磐音楽舞踊学院

式に臨む卒業生(最前列)と新入生
 フラガールを養成する常磐音楽舞踊学院の卒業式・53期生入校式は3日、いわき市のスパリゾートハワイアンズで行われた。  卒業生の51期生3人といわき市出身の矢内桜子さん(21)ら新入生12人が出席した。学院長の井上直美常磐興産社長が「何事も基本が大切...[記事全文

カテゴリー:響く

復興加速夢乗せて JR浪江-小高駅間運転再開

JR常磐線の浪江―小高駅間の6年ぶり運行再開を祝い、浪江駅で出発合図をする馬場町長(中央左)と鈴木駅長=1日午前10時19分
 一部地域を残し避難指示が解除された浪江町の駅前が6年ぶりのにぎわいに包まれた。JR常磐線浪江-小高駅(南相馬市)間の運転が再開した1日、住民らは「移動が本当に便利になる」と歓迎した。浪江駅では記念式典が催され、関係者が鉄路再開を機に復興を加速させる...[記事全文

カテゴリー:響く

青少年合唱団ウィーン公演 音楽の都感動包む 重ねた歌声友情の証

コンサートを終え、互いの演奏をたたえる団員=オーストリア・ウィーン、ヤマハコンサートホール
【オーストリア・ウィーンで渡部純本社報道部記者】ウィーンで24日夜(日本時間25日未明)開かれた県合唱連盟青少年選抜合唱団とオーストリア地元合唱団のジョイントコンサートは、両国の未来の合唱界を担う若者が音楽を通して交流を深めた。心を一つに奏でる歌声は...[記事全文

カテゴリー:響く

葛尾で畜産再開 古里再生、牛と共に

運搬車から和牛を牛舎に移動させる下枝さん(右)=22日午後2時ごろ
 東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示が帰還困難区域を除き昨年6月に解除された葛尾村で3月22日、原発事故後初めて畜産が再開された。同村夏湯地区の下枝初恵さん(50)が田村市船引町芦沢に避難させていた繁殖和牛を自宅脇の牛舎に移した。「村の畜産業を復...[記事全文

カテゴリー:響く

コウナゴ試験操業始まる 震災 原発事故6年

原発事故後、初めて請戸漁港に水揚げされたコウナゴ=浪江町
■請戸漁港に震災後初水揚げ  コウナゴ漁の今季の試験操業が13日に始まり、相馬双葉漁協はこれまで漁を自粛していた東京電力福島第一原発から半径10キロ~20キロ圏を含む海域で試験操業に取り組んだ。先月、漁船が戻った浪江町の請戸漁港からも9隻が出漁し、原...[記事全文

カテゴリー:響く

最高の歌声届けた 「第九」ドイツ公演出演の会津関係者

交流会でドイツの出演者と交流する(左から)高橋さん、加藤さん
【ドイツ・リューネブルクで半沢慎也会津若松支社報道部記者】心一つに最高の歌声を届けた―。ドイツで11日(現地時間)、開かれた「第九」日本初演プレ100周年里帰り公演に出演した会津の関係者はステージの成功に感激した表情を浮かべた。初演のきっかけをつくっ...[記事全文

カテゴリー:響く