ホッとニュース

「響く」アーカイブ

人気の食事処月内再開 「いふ」店主の新妻泰さん

再開に向けて店内で準備を進める新妻さん
 東京電力福島第一原発事故に伴う一部避難指示が解除された浪江町川添で営業していた「食事処 いふ」は今月、町内の同店舗で再開する。併設していた民宿も同時オープンする。請戸漁港に水揚げされた新鮮な魚介類を提供していた人気店。東日本大震災前から町内にあった...[記事全文

カテゴリー:響く

亡き人へ思い寄せて 新地高が手紙募る HP公開、文集に記憶継承へ

おもひの木を前に亡くなった先輩たちを思う島さん(右から3人目)ら生徒。木の脇には案内板が設置された
 新地町の新地高は東日本大震災で亡くなった人に宛てた手紙を募る。震災の記憶を脈々と伝えようと生徒会が中心となって発案した。津波や避難中に亡くなった家族や知人、友人に震災から6年が経過した今の心境や思いをつづってもらう。手紙は学校のホームページ(HP)...[記事全文

カテゴリー:響く

復興願い8年後へ便り 川俣町が平成37年合併70周年で募集

町役場に設けられた手作りの「未来ポスト」と川俣幼稚園児ら
 あなたは今、幸せに暮らしていますか-。川俣町は平成37年の町村合併70周年に向け、町民が大切な人への思いを手紙でつづる「未来のあなたに愛を伝えます」事業を企画し5月1日、手紙の募集を始めた。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興を遂げ、人...[記事全文

カテゴリー:響く

福島丸、ハワイ沖へ いわき海星高練習船出港

遠洋航海実習に出港する福島丸
 いわき市のいわき海星高の海洋練習船「福島丸」は27日、ハワイ近海での遠洋航海実習に向けて小名浜港を出港した。県教委は新しい練習船の建造を進めており、5代目である現在の練習船での遠洋航海実習は今回が最後となる。  本科海洋工学科2年生34人と本科卒業...[記事全文

カテゴリー:響く

感謝の大合唱英国内へ届け 本宮、大玉の小中学生7月に映像収録

合唱を通して感謝の気持ちを英国に届けることを誓う団員、JCメンバーら
 東日本大震災の復興支援への感謝を込め、もとみや青年会議所(JC)は、英国王室のウィリアム王子が激励に訪れた本宮市と、隣接する大玉村の児童・生徒約100人による大合唱を映像とともに収録し、7月にロンドンに響かせる。映像とともに生徒の代表らが渡英。復興...[記事全文

カテゴリー:響く

"桑折に感謝"アニメ完成 避難の浪江町民ら制作

完成したアニメを鑑賞した上映会
 浪江町民有志らでつくる浪江まち物語つたえ隊が制作した桑折町の観光PRアニメーション「なみえ避難先物語こおり」が完成し16日、桑折町の多目的スタジオ・イコーゼ!で上映会が開かれた。  東京電力福島第一原発事故に伴う浪江町民の避難先として、県内で最も早...[記事全文

カテゴリー:響く

輝く未来に幸あれ 長渕さん、柳さんエール

鈴木生徒会長から花束を受ける柳さん(左)
 「小高の元気な姿を日本に発信してくれ!」。入学式後、校歌を作曲した長渕剛さんが登場。校歌などを熱唱し、祝福ムードに花を添えた。  「学校の新設と入学おめでとう」とひと声発した後、ギターをかき鳴らして校歌を歌い始めた。「村上海岸」「吉名(よしな)の丘...[記事全文

カテゴリー:響く

医療・福祉復興へ光 休校の公立双葉准看護学院 6年ぶりの入学式

入学式で誓いの言葉を述べる藤田さん
 東京電力福島第一原発事故で休校していた双葉町の公立双葉准看護学院の開校式と入学式は4月10日、南相馬市原町区に建設した仮校舎と、近接する県立テクノアカデミー浜で行われた。新入生26人と、看護師不足が課題となっている相双地方の関係者が6年ぶりの再開を...[記事全文

カテゴリー:響く

入学式345人が学びの誓い 郡山女子大と短期大学部

新入生を代表して決意を述べる古関さん
 郡山女子大と同短期大学部の入学式は6日、郡山市の同大建学記念講堂で行われ、大学院、大学、短大、短大専攻科に合わせて345人が入学した。  一人一人の名前が呼ばれ、関口修学長が入学を許可した。関口学長は「お世話になった人に感謝の気持ちを伝えよう。自分...[記事全文

カテゴリー:響く

憧れのフラガールへ 3人卒業し12人が入校 常磐音楽舞踊学院

式に臨む卒業生(最前列)と新入生
 フラガールを養成する常磐音楽舞踊学院の卒業式・53期生入校式は3日、いわき市のスパリゾートハワイアンズで行われた。  卒業生の51期生3人といわき市出身の矢内桜子さん(21)ら新入生12人が出席した。学院長の井上直美常磐興産社長が「何事も基本が大切...[記事全文

カテゴリー:響く