ホッとニュース

「きれい」アーカイブ

御舘中の生徒熱演 郡山で柳橋歌舞伎公演

「義経千本桜 伏見稲荷鳥居前の場」を演じる御舘中の生徒
 江戸時代から受け継がれている郡山市指定重要無形民俗文化財「柳橋歌舞伎」の定期公演は15日、市内中田町柳橋の柳橋歌舞伎伝承館で行われ、地域に息づく伝統の舞台が観客を魅了した。  柳橋歌舞伎保存会の主催、柳橋町内会の共催。1980(昭和55)年の柳橋歌...[記事全文

カテゴリー:きれい

山肌包む秋の装い 安達太良の紅葉見頃

見頃を迎えている安達太良山の紅葉=5日午前
 日本百名山の安達太良山(1,700メートル)で紅葉が見頃を迎えた。  好天の5日、大勢の登山者が訪れた。二本松市の奥岳登山口からロープウェイで八合目の薬師岳に登り、一面に広がる錦絵のような景色を楽しみながら山頂を目指した。  紅葉は10月下旬にかけ...[記事全文

カテゴリー:きれい

御神火城下町照らす 二本松の提灯祭り開幕

伝統の灯が揺らめき、開幕した二本松の提灯祭り
 県重要無形民俗文化財の二本松神社例大祭「二本松の提灯(ちょうちん)祭り」は4日、二本松市の中心市街地で開幕した。初日は見どころの宵祭りが繰り広げられ、城下町に伝統の灯が揺らめき、威勢のいいおはやしと掛け声が響き渡った。6日まで。  「七町合同引廻(...[記事全文

カテゴリー:きれい

最高位の姿あでやか 南相馬で太夫道中

あでやかな姿で行列を披露する葵太夫さん(先頭)ら
 京都・嶋原の芸妓(げいこ)最高位に当たる太夫による行列「太夫道中」が18日、南相馬市原町区の三嶋神社で行われた。  和の手仕事屋の主催、同神社、関場建設などの共催。東日本大震災の犠牲者を鎮魂するために企画した。あでやかな着物をまとった葵太夫さん、司...[記事全文

カテゴリー:きれい

秋の城下町 和の装いで 10月1日から若松で「あいづ着物さんぽ」

会津若松を散策し、会津漆器の店に立ち寄る和服姿の女性ら
 和服姿で歴史情緒あふれる会津若松市を散策する「あいづ着物さんぽ~秋編」は10月1日から11月5日まで鶴ケ城や歴史的建造物の残る市街地で繰り広げられる。紅葉の季節に催すのは初めて。  会津まつり協会と実行委員会の主催。福島民報社が協賛し、創刊125周...[記事全文

カテゴリー:きれい

ミスコン日本大会花束に 川俣のアンスリウム

優勝者らに授与される川俣町産のアンスリウムの花
 川俣町の農家が化学繊維・ポリエステル媒地を使って栽培しているアンスリウムの花がミスコンテスト「ミス・グランド・ジャパン(MGJ)」のオフィシャルフラワーに採用された。東日本大震災の復興支援の一環で、12日に東京都で開かれるファイナル選考会で優勝者ら...[記事全文

カテゴリー:きれい

憧れの名車一堂に アルツ磐梯でスーパーカーフェスタ

スーパーカーの写真撮影などを楽しむ来場者
 会津スーパーカーフェスタは3日、磐梯町の星野リゾートアルツ磐梯で開かれ、会場に並んだ約80台のスーパーカーが多くのファンを魅了した。  会津若松市などの有志でつくる実行委員会の主催。スーパーカーを通して子どもの夢を育み、会津を元気にしようと企画し...[記事全文

カテゴリー:きれい

ライトアップまつり仕様に 東北電福島支店

福島わらじに合わせて赤、緑、青色に変化する東北電力の無線鉄塔
 東北電力福島支店は現在実施している無線鉄塔のライトアップを4、5の両日、「福島わらじまつりバージョン」の色にする。祭りの雰囲気に合わせ6色を10秒間隔で変化させたり、虹のように配色したりする。...[記事全文

カテゴリー:きれい

湖面彩る夜の華 北塩原「火の山まつり」

湖上に咲いた大輪の花火
 北塩原村裏磐梯の夏の風物詩「裏磐梯火の山まつり」は21日、村内の桧原湖第1駐車場で繰り広げ、湖上を花火が彩った。  裏磐梯観光協会などでつくる実行委員会の主催。会津地方で最も早い花火大会とされ、今年で47回目。家族などへのメッセージを添えた「あなた...[記事全文

カテゴリー:きれい

城下町彩る幕末の"四神"色 鉄塔ライトアップ 東北電若松支社

右から「玄武隊」「青龍隊」「朱雀隊」「白虎隊」をイメージした会津藩バージョンの鉄塔ライトアップ
 会津若松市の東北電力会津若松支社は20日、支社構内の無線鉄塔のライトアップを始めた。季節に合わせた基本色に加え、来年の戊辰戦争150周年を盛り上げようと「会津藩バージョン」として、幕末に組織された「玄武隊」「青龍隊」「朱雀隊」「白虎隊」をイメージし...[記事全文

カテゴリー:きれい