東日本大震災

  • Check

平岡保安院次長南相馬市で説明 事故の現状

 経済産業省原子力安全・保安院の平岡英治次長は29日、南相馬市役所を訪れ、桜井勝延市長に福島第一原発の事故の現状を説明した。
 平岡次長は震災後の原発事故の経過を説明し、「現在は小康状態が続いているが、まだまだ予断を許さない。もっと事態が悪化する可能性はないとは言えない」と述べた。
 桜井市長は「事態が改善するのか、悪化するのかの明確なメッセージを出してほしい。現在では避難者にとどまってとしか言いようがない。復興できないと街は崩壊してしまう」と訴えた。
 平岡次長は同日、飯舘村なども訪れた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧