東日本大震災

  • Check

双葉で常磐線の高架橋が崩落 震災翌日写真撮影 原発で作業の男性

地震の影響で崩落した常磐線の高架橋=12日、双葉町内(読者提供)

 双葉町から福島市内に避難している建設業の男性(43)が震災翌日の12日に撮影した町内の写真を福島民報社に提供した。男性は福島第一原発で電気設備工事関連の業務を担当しており、「いつでも行く準備はできている」と話す。
 男性は震災当日、同原発4号機のタービン建屋で作業しており、地震とともに避難した。翌日、原発周辺からも避難することになった際、町内の様子を撮影したという。写真には崩落した常磐線の高架橋や倒壊した家などが収められている。
 現在も原発で作業している同僚がいるというが、連絡は取れないという。「すぐにでも呼ばれる可能性はあるが、怖さはない。復旧のために全力を尽くす」と言い切った。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧