東日本大震災

  • Check

飯舘で土壌など放射能測定へ 70サンプル採取

 県、原子力安全・保安院は28日、飯舘村の依頼を受けて村内20行政区の田畑、住宅、公園などの大気、土壌の放射能濃度を測定するため70サンプルを採取した。
 農作業を控え、各地域の数値を把握する目的で、結果が出るのは3日ほどかかる見込み。村は専門家に依頼し、サンプル調査結果の科学的分析と作付けのシミュレーションをする。村議会の大震災・原発事故災害特別委は同日、コメ作付け日程などを協議した。調査、分析結果を基に4月4日に再び特別委を開いて作付け時期を決定する。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧