東日本大震災

  • Check

小児の甲状腺被ばく問題なし いわきで調査

 国の原子力災害現地対策本部は28日、福島第一原発の事故で屋内退避圏外の30キロより外側のいわき市で小児(0〜15歳)137人を対象に甲状腺被ばく調査を実施し、全員が問題なかったと発表した。
 同本部は、いわき市の一部が緊急時迅速放射線影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の試算で、丸1日屋外で過ごした場合の甲状腺被ばく量が100ミリシーベルトになるとされたため、26、27の両日、調査した。

■川俣での調査再開
 原子力安全委員会が示す毎時0・2マイクロシーベルトを超えた小児はいなかったという。

 原子力災害対策本部は24日に小児の甲状腺被ばく調査を行った川俣町で28日から調査を再開した。30日まで川俣町中央公民館で行っている。理由について、調査する室内の放射線量が0・2マイクロシーベルトを超えると、正確な結果が出にくいためとしている。今後、飯舘村などでの調査も検討している。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧