東日本大震災

  • Check

浜通り初の仮設住宅 相馬、新地で着工

仮設住宅の建設が始まった相馬東グラウンド=26日午後3時40分ごろ

 県は26日、相馬市と新地町で浜通りで初めてとなる被災者向けの仮設住宅の建設を開始した。
 相馬市は市内北飯渕の相馬東グラウンドに60戸を建設する。初日は業者が土地を区割りし、大型重機などでくいを打つ作業などに当たった。新地町は町内小川の町総合運動公園陸上競技場で54戸の建設がスタート。グラウンドに砂利を敷く作業を進めた。
 両仮設住宅とも4月下旬ごろ完成する予定。問い合わせは県土木部建築住宅課内の相談窓口 電話024(521)7698または(521)7867。
 県内では、白河市、矢吹町、西郷村、いわき市は29日に着工の予定。すでに国見町、桑折町、須賀川市で建設が始まっている。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧