東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

富岡の桂建設いわきへ 第二原発復旧に力

 富岡町の総合土木建設業桂建設の三代目社長渡辺正義さん(59)は先月下旬、本社機能を、いわき市四倉町のひまわり信金四倉支店の旧店舗に移した。創業40年目の「再出発」だった。
 昭和46年の創業以来、原発関連の施設整備や町の公共事業を請け負ってきた渡辺さんは町建設業協会長を務めていた。だが、先月11日の震災、津波、そして原発事故が全てを変えてしまった。
 知人の紹介でいわき市に事務所を確保した。避難していた社員が一人また一人と戻ってきた。だが、会社が移ったことで通勤できなくなるなど、社員は震災前の43人から30人に減った。それでも、自分についてきてくれた社員の姿にうれしさが込み上げた。休業してから約3週間が過ぎていた。「いつまでも休んでいられないぞ」  渡辺さんと社員は毎日、いわき市から富岡、楢葉両町にまたがる東京電力福島第二原発の復旧工事に当たっている。防護服にマスクを着け、震災前はなかった1日三回のスクリーニングは欠かせなくなった。「本社機能を移したいわき市は、あくまで臨時事務所。必ず生まれ育った富岡に家族や従業員と一緒に戻り、町を復興させたい」。強い思いが渡辺さんを突き動かす。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧