東日本大震災

  • Check

いわきに海外からエール ドイツ大使館参事官ら 支援に向け視察

 災害援助の実情を把握するため駐日ドイツ大使館の参事官らが19日、いわき市の被災地を視察した。
 訪れたのはピット・ヘルトマン参事官、ハンス・ランゲンホイザー参事官、儀典課の奥村年子さん。いわき日独学園文化交流協会名誉会長の鎌田哲男さん・章代さん夫妻が同行した。一行は避難所の小名浜高や勿来ボランティアセンター、沿岸部の小浜、岩間地区などを回った。
 翌日の20日は市災害対策本部のある市文化センターを訪れ、鈴木英司副市長、佐藤隆市民協働部長と歓談した。一行は鈴木副市長から被災の実情などを聞き取り、今後予定している物資援助などの参考にするという。
 いわき市出身で星薬科大を創設した星一は大正時代に、第一次世界大戦で疲弊したドイツの科学界再興を巨額の私費で支援している。この縁でさまざまな支援を行っている。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧