東日本大震災

  • Check

災害見舞金などを計上 二本松市補正予算

 21日に開かれた二本松市の臨時議会で可決された総額6億6061万円の一般会計補正予算には、東日本大震災の復旧費などが盛り込まれた。
 市によると、早急に修繕が必要な市内の道路は461カ所、教育施設は49カ所、農業用施設は32カ所などとなっており、これらの公共施設の修理費などを計上した。
 補正予算には被災者への災害見舞金も盛り込んだ。現住家屋が全壊した場合は一世帯10万円と一人につき2万円、半壊した場合は一世帯5万円と一人につき1万円を支給する。緊急雇用対策として市の臨時職員十人の採用も予定している。また、議員提出で可決された二件の意見書は、富岡興業の旧産業廃棄物最終処分場からの排水処理水放流に関する要望と、原発事故の早期収束と被害補償に関する要望となっている。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧