東日本大震災

  • Check

相馬港 、一般船舶の供用再開 

震災後初めて港入りした民間商船では早速、荷揚げ作業が進められた=28日午前8時35分ごろ、相馬港2号ふ頭

 東日本大震災の津波で損壊した福島県相馬港の一般船舶への供用が再開され28日、震災後初めて民間商船が入港した。
 県と東北地方整備局、福島海上保安部が連携し、船や車、がれきなどの水中障害物や、漂流物の撤去を行い航路を確保した。2号ふ頭第4号岸壁の一般利用を可能とした。当面は日中のみの航行となる。
 この日は日本通運が荷役となった1700トン級の民間商船が接岸した。ファイマテック相馬工場が使用する石灰石約1570トンを運び込んだ。石灰石は紙コーティング材の原料で、同工場は震災後初めてとなる資材確保を機に操業を再開する。
 県相馬港湾建設事務所は今後、復旧資材の搬入などが活発化し地域産業再興の動きに弾みがつくとみている。浅野俊和所長は「復興に向けた第一歩としたい」と語った。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧