東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

原発20キロ圏、ペットの保護始まる

 福島県は28日、東京電力福島第一原発から20キロ圏内の警戒区域に残っているペット動物の調査を始めた。初日は南相馬市小高区と葛尾村を巡り、犬5匹と猫1匹を保護した。
 犬が放し飼いになることによる狂犬病の感染防止のため実施した。獣医師や県職員が二班編制で主な区域を回り、民家の庭先や路上に残っているペット動物がいないか調べた。捕獲した犬や猫はスクリーニングし、拭き取りなどの簡単な除染を行った。
 調査は5月2日まで続ける。その後の対応は区域内の放射線量などを分析して判断する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧