東日本大震災

  • Check

知事が予算委員会委員と会談し、要望

中井委員長に要望書を手渡す佐藤知事(右)

 衆院予算委員会の委員11人は18日、本県入りし、福島県庁で佐藤雄平知事と会談した。中井洽委員長は会談後に報道各社の質問に答え、被災地の状況を考慮して国の二次補正を進める考えを示した。
 中井委員長は二次補正について「(政府は)有識者の最高のプランを聞いてからやりたいと思っているだろうが、(被災地の)切実な思いがある。(両者を)どう合わせていくか判断していきたい」と述べた。
 会談では佐藤知事が「原発事故の影響はあらゆる分野に広がっていることを認識してほしい」と述べ、中井委員長に震災に関する要望書を手渡した。
 要望書には災害救助法や被災者生活再建支援法などの現行制度について支援対象事業、支給金額を大幅に拡充すること、原子力災害からの復興に向けて特別法の制定を全面的に支援することなどを盛り込んだ。
 委員は県庁のほか、伊達市のJA伊達みらい本店、郡山市の郡山商工会議所臨時事務所も訪問し、JA関係者や商工関係者と意見交換した。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧