東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

福島市が夏休み延長 小中学校の放射線対策で

  福島市は東京電力福島第一原発事故に伴う放射線対策として、全小中学校72校と福島養護学校の夏休みを1週間程度、延長することを決めた。夏の暑さの中で窓を閉め切ったまま授業をするのを、できるだけ避けるための苦肉の策。プールについても全校で今夏の使用を中止する。県内では、本格的な夏を前に教室にエアコンや扇風機を設置する自治体が増えており、学校関係者は子どもたちを放射線から守る対応に追われている。
 瀬戸孝則市長が19日、福島民報社の取材に対し明らかにした。
 福島市内の小中学校と養護学校の今夏の夏休みは当初、7月21日から8月24日までの予定だった。市は期間の後半を延長し、8月31日までにする方針で、延長に伴って確保できなくなる授業時間については、冬休みを短縮する方向で検討している。
 現在、市内の学校の多くは放射性物質の教室内への飛散を防ぐため、窓を閉め切るなどの対応を取っている。
 市は夏場を迎えるに当たり、窓を閉め切ったままでは、児童・生徒に昨夏同様の学習環境を確保するのは難しいと判断。夏休みを延長することで、夏の暑い時期の授業時間をできるだけ減らすことにした。
 市によると、夏休みの期間は各市町村の判断で決めることができるという。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧