東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

自らの手で避難所維持、管理 郡山ビッグパレットに自治組織誕生

自治組織の運営に意見を交わす住民たち=ビッグパレットふくしま

 避難生活が長期化する中、県内最大規模の避難所で約1500人が生活している郡山市のビッグパレットふくしまに住民自治組織が誕生し、避難所を自らの手で維持・管理する取り組みが始まった。日々の生活にメリハリをつけて、生活再建への活力を得る。
 自治組織はビッグパレットふくしま生活支援ボランティアセンター「おだがいさまセンター」の助言でつくった。センターは富岡町、川内村の社会福祉協議会が県などの支援を受けて設けている。
 第一弾として「Bホール」区域の避難者合わせて約200人を対象に7班を編成した。班ごとに、週一回の受け持ち日に衛生管理やごみの回収、清掃などを担う。近く他の区域でも組織して避難所全体に住民自治を広げる方針だ。さらに、全ての避難者に呼び掛けて除草作業やガーデニング作業も実施している。自治意識を高めてもらうのが狙いだ。11日は初めて大規模な除草作業を実施。約250人が施設周辺の雑草を刈り取った。参加者からは「何か役に立ちたかったので、有意義だった」「仕事をしたことで気分がすっきりした」などの声が上がった。
 避難所運営の支援に当たる県生涯学習課の天野和彦さんは「避難生活は長引いているが、自治活動を通じて生活再建への強い気持ちを持ち続けてほしい」としている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧