東日本大震災

  • Check

いわき沿岸部を視察 県復興ビジョン検討委

がれきが残る平薄磯地区を現地調査する県復興ビジョン検討委員会委員=19日午後3時10分ごろ、いわき市

 県復興ビジョン検討委員会(座長・鈴木浩福島大名誉教授)は19日、いわき市の小名浜港から四倉町まで北上し、沿岸部の被災地を視察した。21日は新地町から南相馬市原町区まで南下する。
 視察したのは座長代行の山川充夫福島大経済経営学類教授ら5人。一行は視察に先立ち国交省小名浜港湾事務所で、二瓶辰右エ門県いわき地方振興局長、大石正広県いわき建設事務所長、阿部昌昭県小名浜港湾建設事務所長から港湾や道路、家屋などの被害状況を聞いた。
 この後、小名浜港内のアクアマリンパークや7号・大剣の両ふ頭、地域全域が壊滅的な津波被害を受けた平薄磯地区などを見て回った。
 山川教授は「被害の甚大さをあらためて痛感した。東日本大震災の教訓と地域の実情をできる限り反映させて、地元の方々がやる気が起きるビジョンを提言したい」などと語った。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧