東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

福島の浄水場 不純物にセシウム 浄水過程で除去 水道から検出なし

 福島県福島市飯坂町のすりかみ浄水場で、浄水過程でできる不純物の塊から高濃度の放射性物質が検出されていたことが22日までに分かった。
 同浄水場を管理する福島地方水道用水供給企業団は12日に不純物の分析を神奈川県の同位体研究所に依頼した。研究所が示した速報値で放射性セシウムが確認された。詳細な分析結果が分かり次第、公表する。
 企業団によると、今回検出された放射性物質は東京電力福島第一原発が爆発した3月中旬に飛散したとみられるという。
 不純物の塊は浄水場内にあるコンクリートの脱水機棟で鉄製の専用容器に入れて保管し、国が処理方法を示すのを待っている状態だという。
 同浄水場の水道水からは4月6日以降、放射性物質は検出されていない。企業団は「不純物にセシウムが含まれていたということは、しっかりと放射性物質が取り除かれた証し。水道水は安心して飲める」としている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧