東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

川俣・山木屋地区96人福島へ 消えぬ不安 涙の避難

避難を前に開かれた壮行会で涙を見せる川俣町山木屋地区の住民=22日午前10時10分ごろ

 東京電力福島第一原発事故に伴う政府の計画的避難区域の指定から1カ月を迎えた22日、指定された福島県川俣町山木屋地区の住民96人が福島市の2つの温泉旅館に一次避難した。15日から避難が始まったが、大規模な集団移動は初めて。
 今回は高齢者が中心で、穴原温泉月之瀬に76人、新野地温泉相模屋に20人。町内に仮設住宅ができるまでの約1カ月間、避難生活を送る。
 この日は町内の山木屋公民館で壮行会が開かれ、住み慣れた古里を離れる不安に涙ぐむ住民も。家族らに見送られながらバスや自家用車で避難先に向かった。
 同地区の避難対象は364世帯、1252人。22日現在、464人(約37%)が町内外に避難した。町は今月末の一次避難完了を目指している。
 全村が計画的避難区域になっている飯舘村の避難対象は2190世帯、6590人で、20日現在の避難者は約半数の約3500人。21、22の両日は避難相談、申し込みをする村民が村役場に列をつくった。避難のピークは28、29の両日になる見込みだ。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧