東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

玉野地区からの避難受け入れ 線量高で相馬市

 相馬市の立谷秀清市長は23日までに、放射線量が市街地より比較的高い数値で推移している市内玉野地区で応急仮設住宅へ避難を希望する住民に対し、個別に相談に応じ、入居を受け入れる方針を示した。
 同地区は飯舘村や伊達市・霊山地区に接した山あいにあり、住民約160世帯470人が生活している。立谷市長は「国の避難指示拡大がない限り、市から避難を促すことはしない」としており、不安を抱く住民のケアとして仮設入居を受け入れる考えだ。
 同地区への健康対策としては玉野小、玉野中の校庭表土除去、医師による健康チェック・相談会の開催を打ち出している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧