東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

安全も品質も二重丸 サクランボ首都圏向けに箱詰め

首都圏向けに販売するサクランボをパックに詰める農家

 産学連携で安全と品質を確認した農産物の販売に取り組む福島大地域ブランド戦略研究所は20日、サクランボの首都圏販売に向け、福島市内の農家で箱詰め作業を始めた。
 市内の果樹農家4軒とつくるフルーツマイスタークラブ活動の一環。原発事故による放射性物質を検査して安全性を確認するだけでは消費者へのアピールが弱いとし、品質管理にも力を入れる。
 放射能汚染検査事業を展開する加速器分析研究所(本社・川崎市)と提携し、農地や生産物の放射線量を定期的に測定して安全を確認している。さらに、ヤンマー(本社・大阪市)から無償貸与された選果機で糖度を測定し、品質向上につなげる。
 今月上旬、新聞の折り込みチラシを首都圏に配布したところ、約100件の注文があった。
 作業をした大友農園の大友伸夫さん(49)は「コメは注文を断られていたので、サクランボの注文に感謝している。モモとリンゴも生産しており、積極的にPRしたい」と話した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧