東日本大震災

  • Check

県、柳津埋め立て見送り 仮置き汚泥町が受け入れ拒否

 福島県が設置する県北浄化センター(国見町)で仮置きされている大量の汚泥について、県は柳津町の最終処分場への埋め立て見送りを決めた。十三日、柳津町から汚泥の受け入れ拒否の申し入れがあり、判断した。今後は他の処分場での処分を模索するが、見通しは立っていない。
 同日、柳津町の井関庄一町長が県庁を訪れ、汚泥搬入を認めないとの考えを県の担当部局に伝えた。磯部静雄町議会副議長が同行し、住民説明会や町議会全員協議会の結果を踏まえた申し入れであると説明した。
 県は、東京電力福島第一原発事故や放射性物質の問題が沈静化するまで汚泥搬入の協議を同町民と再開するのは困難と判断した。
 一方、県北浄化センターに仮置きされている汚泥は約千七百トンになり、悪臭などの問題が深刻化。県は速やかな場外搬出が必要としているが、今後、他の処分場を選定しても柳津町と同様に地元の反発が起きるのは必至だ。井関町長は県への申し入れ後、「国と東京電力には汚泥処分をする責任がある。県も強く要請すべきだ」と語った。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧