東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

福島県外へ避難4万5242人 県、内閣府さらに所在調査へ

 東日本大震災、東京電力福島第一原発事故で県外へ避難した県民は少なくとも4万5242人に上ることが15日までの県と内閣府の調査で分かった。これまでは約3万5千人の所在確認にとどまっていたが、内閣府が6月に行った調査で新たに9466人の所在が判明した。
 内閣府からの報告と県の調査を合わせた各都道府県ごとの避難者数は【表】の通り。内閣府が6月、各都道府県の避難所以外の賃貸住宅や親類・知人宅に避難した避難者らの所在が判明した際に報告するよう要請した。子どもの転校手続きなどの際に新たに県外避難者の確認が進み、山形県で3657人、茨城県で1639人、千葉県で2615人が新たに報告された。避難前に居住していた市町村には各都道府県がすでに所在を伝えているという。
 県内外への避難者数は合わせて約10万人とも言われているが、県などは詳細な数を把握できていない現状だ。県はさらに所在が確認できていない県民がいるとみて調査を急ぐとともに、各都道府県で被災者への借り上げ住宅の補助などが進むよう要請する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧