東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

養殖ホンモロコなど7点 暫定基準値上回る 県内魚介類

 福島は20日、魚介類32種類52点の放射性物質の検査結果を発表した。川内村のホンモロコ(養殖)など7点が食品衛生法の暫定基準値(一キロ当たり放射性ヨウ素2000ベクレル、放射性セシウム500ベクレル)を上回った。

 ホンモロコが基準値を超えるのは初めて。県は川内村に出荷自粛を要請した。同村の生産者は震災以降、自主的に出荷を見送っている。

 その他に基準値を超えたのは、いわき市のアイナメとウスメバル、シロメバル2点、キタムラサキウニ、伊達市阿武隈川のアユ。県内の海域で漁は行われていないため、アイナメなどは市場に出回っていない。また、伊達市の阿武隈川では、アユの捕獲と出荷が停止されている。

 県は12~18日の間に採取したいわき海域の21種類25点、相馬双葉海域の11種類11点、内水面の一種類4点、養殖の4種類9点、海草の2種類3点を調べた。結果は【表】の通り。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧