東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

出荷・流通1300頭超 汚染疑い牛、45都道府県に

 放射性セシウムを含む稲わらを肉牛に与えていた問題で、新たに岩手、秋田、群馬、新潟、岐阜、静岡6県の農家から汚染疑いのある牛が計699頭出荷されていたことが20日、各県の調査で分かった。共同通信のまとめでは、既に明らかになっている新潟(18日判明分)、福島、山形、埼玉の4県と合わせ1349頭が出荷・流通されたことになる。流通先は鳥取、沖縄を除く45都道府県に上った。

 岩手県一関市などの農家が使用していたわらからは国の暫定基準値(1キログラム当たり300ベクレル)を超えるセシウムが検出された。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧